プロバイダの金銭的な負担が少なくなるというのでプロバイダを変えましたが失敗しました

プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のフレッツ光プロバイダにしたのですが、失敗でした。
確かに、値段はかなりサイフに優しい価格でした。
でも、ネットにつながらなくなるっことが頻繁に起こったり、速度が低下したりで、前のプロバイダの方が断然ストレスがなかったのです。
安易にプロバイダを乗り換えてしまったなと、悔やむ気持ちです。
光回線を使っているのならIP電話を取り入れてみるとお得な上に便利です。
ネットの回線を活用するので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継するのは不要です。
それで、電話料金が安くなり、プロバイダにより、異なりますが、月額の基本料金が一般の電話回線よりも安くなるケースがほぼ全部です。
フレッツ光ではクレームが多数送られており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、突然ネットに接続できなくなるケースがあります。
この件の場合、最初の設定に間違いのあることがわかって、無事に使うことが出来るようになったみたいですが、そんなクレームは日々たくさん寄せられているそうですからね!フレッツ光プロバイダーをお得に契約したいものです。