資金調達として利用できるのが住宅ローンです

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

重要視される点は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも基準の中に含まれているので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請することをおすすめします。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も何がなんでもオーバーローンにならないようにして下さい。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、それ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

もしも、法律違法な契約が見つかった時にはこのような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。

以上のような危険性やデメリットもあるので、これからの事を十分考慮して考えましょう。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数ありその年によって大きく変動する場合もあります。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。

契約終了には約3~4カ月かかる事が多いです。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

理由として考えられるのは以下のような方です。

参考:イオン銀行住宅ローン借り換えはメリットある?金利・諸費用研究!【使いやすさは?】

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。