現在の収入に不満な看護師は転職で高収入ねらえるの?

いま日本においては、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。
とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国する必要があります。
就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。
看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。
どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、そのため求人の数はとても多いのです。
せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。
今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。
日本のナースの年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均して593万円くらいになります。
公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院に比べて高く、福利厚生もしっかりしています。
准看護師として勤務している場合は、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。
日本の看護師の一年間の収入は平均すると437万円あたりです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として仕事に携わっているため、年収を平均してみると593万円ほどになります。
公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院より上で、福利厚生もきちんとしています。
準看護師を例にとると、看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。

看護師転職で高収入に?美容クリニックの給料相場を調査【給与は多い?】